【Amazon Audible】本を無料で聴く

社畜してますコオロギです。

Amazon Audible(オーディブル)って聞いたことありますか。
私は、初めて聞いたのでなんなの?って感じでした(苦笑)

Audible (オーディブル) – 本を聴くAmazonのサービス

AmazonオーディオブックAudible

これが正式な呼び方みたいですね。
要は、目で読むのではなく、耳で聴くスタイルのこと。

プロのナレーターが朗読をしているのを聴くサービスで、購読出来る量も20万冊以上と、かなり豊富。

AmazonオーディオブックAudibleの購読出来るジャンル

ビジネス書・自己啓発・小説・洋書・落語・講演・ライトノベルとジャンルも、販売されているものと変わらないみたいです。

使用出来る媒体は?

スマートフォンやタブレット・パソコンにアプリをインストールすれば、上記のジャンルが聴けます。

まぁ、今はスマートフォンがあれば、ほぼほぼ何でも出来ちゃう時代なので、スマートフォンにアプリをインストールしておくのが一番かも。

アプリの容量も22.5MBと結構大きいので、Wi-Fi環境でのダウンロードをおすすめします。

あと、注意書きがあり、Kindle Fire端末には未対応とのことなので注意が必要ですね。

AmazonオーディオブックAudibleはどんな人におすすめなの?

最近、私自身、老眼がひどくて、正直、本を読むってのが少し億劫になってきてます。
なので、私みたいな人にはおすすめかも。

本に関して言えば、目から入るビジュアルだから好きなんですけどね。

その他に

・通勤、通学
・ウォーキング
・ジムのワークアウト中
・浴室
・食事しながら
・就寝前に
                            ・・・etc

自分のスタイルにあった聴き方があるかと思いますが、忙しい専業主婦やビジネスマンにも良いんじゃないかと。

忘れてました、一番は「やっぱり本が好き」って人にAmazonオーディオブックAudibleが良いかもです。

まずは一冊無料体験が出来ます

いきなり購入ってなるのは、誰だって嫌ですよね。私自身もそうですので。
一冊目が無料で体験出来るのなら、体験してみない手はないと思います。
それに無料体験してみて、あ、ダメってなったら、すぐに退会して大丈夫なのも嬉しいところ。

ただし、ここにも注意が一点必要です。

無料体験は、30日間、一冊のみ。それ以降は、月額料金が発生しますし、二冊目以降も料金が発生します。

AmazonオーディオブックAudibleへの登録ステップ

流れとしては、STEP1から3の流れになります。

無料体験に登録

無料体験ボタンから、会員手続きをしてAmazonアカウントで簡単登録

アプリケーションをインストール

使用媒体は、iphone、Android、Windows10。Macはウェブサイトでストリーミングで再生

聴いてみる

好きなジャンルから一冊、アプリからダウンロード。オフラインでも聴けますよ。



AmazonオーディオブックAudibleの月額会員について

月額会員になると、毎月好きな1冊をダウンロード出来るみたいですね。毎月一冊は読むよって方にも良いんじゃないかな。もちろん、注意点もあります。

Audible会員特典より一部抜粋

Audible会員の皆様は、会員特典の1つとしてタイトルを購入後365日以内にご返品いただけます。
当会員特典はお客様のご理解の上に成り立っています。
本の貸し出しやオンデマンド(読み放題)制度ではないため、例えば、タイトルを聴いてみたらイメージと違っていた、ナレーターの声になじまなかった場合に返品いただき、改めてお客様に合った作品をご購入いただくことを目的としています。短期間における過度の返品など本特典の主旨から外れた利用はご遠慮ください。

Audible会員特典より

会員特典の説明では、一ヶ月の間に、本を聴いているにも関わらず、返品、交換は趣旨とは違うので止めてくださいねってこと。まぁ、当たり前ですね。

その他、月額会員になると

・追加料金なしの会員向けコンテンツあり

・単品購入は30%OFF

・購入した本は退会後も自分のもの

の特典もあるそうです。

まとめ

生活様式によっては、このAmazonオーディオブックAudibleのスタイルが合わない人もいるかもしれません。
また、実際に、書店に行って目で内容を吟味したいって人には向いてないと思います。
でも、それは逆もしかり。
書店に行ったけど、目当ての本がないなんてこともあるでしょう。
Amazonなら大抵の書籍ジャンルを取り扱っています。だから、Amazonで購入するのだと思います。

時間を有効に活用する上では、AmazonオーディオブックAudibleもありなんじゃないでしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です