バカは相手にするな

自分の周りに、アホと思う様な人はいるかと思います。

ここでいう『アホ』とは、自分に攻撃的で足を引っ張る人を指します。

そんな人は、生理的にも受け付ける事が出来ないかもしれません。

頭に血が上って、カッ!!となるかもしれません。


一冊の本が教えてくれたこと

田村耕太郎著書『頭に来てもアホとは戦うな』

この本は、どこにでもいるアホと呼ばれる人の対処法が書かれた本です。

対処を間違うと自分の大切な時間を、

アホと呼ばれる人に費やすことになります。

最近でこそ、私も自分の正義を押し通すため、

奮闘したこともあります。

また、納得がいかないため、何時間も自分の頭の中で、

押し問答を展開していることもありました。

この『頭に来てもアホとは戦うな』は、

筆者の経験値から、いかに自分の目標をクリアできるのかを、

時間の有効活用とともに言及した本です。


本の構成

1〜6章と最終章から構成された本です。

第一章は、アホと戦うと自分の人生が無駄になるので、

止めておきましょうという内容。

第二章は、コミニュケーションについてのお話。

第三章、人たらしのすすめ

第四章、権力と評価が密接だという話

第五章、誰かの目を気にするなという話

最終章、自分と向き合って、自分と戦え


まとめ

人生若い時って、常にイケイケモードだった。

腹の立つ人間がいれば、ムカついていたし。

だけど、途中から気づくですよ。

腹立てること自体が、とても時間の無駄だと。

それに気がつくかどうか。

時間は無限ではない。有限。

そんな無駄を排除出来るヒントが、

この本には書かれていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です